2018年9月12日発売予定のM&Aで外食は年商30億円の壁を突破できる: M&Aは成長戦略のニュースタンダード(柴田書店 )という書籍に、当所代表の宮嶋邦彦が取り上げられましたのでご紹介します!

M&A成功のポイント

    
タイトルどおり、外食業界のM&Aにテーマを絞った書籍です。
 

当社が提供している「人事デューデリジェンス」にも関連していますが、M&A(企業の合併・買収)成立後の統合プロセスとしてのPMI(のポイント)について、宮嶋邦彦がほんの少しですが、お話をさせていただいています。 
 
先日、掲載された書籍をひと足早くいただきました。
M&Aで外食は年商30億円の壁を突破できる: M&Aは成長戦略のニュースタンダードの表紙
  
まもなく書店で手にとることができますので、ぜひお読みください!
 
 

ご相談、増えています

もともと株式公開を目指す企業からの「人事デューデリジェンス」に関するご相談は多くありました。しかし、ここ数年はM&A後の組織統合について労務面からのアドバイザリーサービスについてもご相談をいただく機会が増えてきています。 
  
異なる人事諸制度をひとつに合わせることを「人事制度統合」と呼びますが、表面的な統合だけではさまざまな矛盾や、はたらく方々への心理的不安を与える可能性が高くなります。当社では法的根拠をベースに「人事制度統合」に関する一連の過程をサポートいたしております。
 
お心あたりがある経営者・人事責任者のかたは、ぜひご相談ください!
 
「人事制度統合」などに関して相談をする