宮嶋社会保険労務士事務所ではじめるキャリア


 

Profile:三浦 加愛
2017年6月入社。元公務員のアラサー女子です!(2017年7月現在)

ーー入社されたのは、いつのことですか?

三浦 2017年6月です。
 

ーー前職は、どういったお仕事をされていたのでしょうか。

三浦 公務員として、福祉行政に関する事務に携わっていました。出先機関にいたときは、庶務担当として給与計算の経験もありました。
 

ーー当社に応募したのはどうしてですか。なにかきっかけがあったのでしょうか。

三浦 役所に勤めて4年経ち、民間企業も知って視野を広げたいと思うようになりました。社労士事務所であれば、色々な会社のために働くことが出来ると思い、また宮嶋社会保険労務士事務所はベンチャー企業のお客様が多いということで、社風の新鮮さにも期待して志望しました。

ーー入社前の宮嶋社会保険労務士事務所のイメージはどうでしたか。

 
三浦 様々なバックグラウンドを持ったメンバーが集まっているという特色が目に留まり、風通しがよく型にはまらない雰囲気という印象を受けました。
 

ーー実際に入社されてみていかがでしたか。

三浦 宮嶋所長をはじめ、事務所のメンバーは皆さん朗らかな方々で、馴染みやすい雰囲気で助かりました。毎日全員で業務の進捗を共有しており、相談しやすい体制づくりや業務効率化の意識も高いと思います。
 

ーーこれから「こんなことやりたい」ということがあれば、教えてもらえますか。

三浦 前職では法令知識をつけて問い合わせ対応などをしていましたので、まずは社会保険労務士の資格取得を目指しながら、就業規則や労務面の相談にも対応できるようになりたいです。また、職場のメンタルヘルス対策や障害者雇用についても個人的に勉強したいと思っています。
 

ーー仕事をしていくうえで、大切にしていることがあれば教えてもらえますか。

三浦 どんな作業や案件でも「もっと早い方法はないか」「もっと良くならないか」を追求することです。
 

ーー未来の仲間にひと言いただけますか。

三浦 これからが楽しみな事務所だと思いますので、一緒に成長していただける方お待ちしています!
 
宮嶋社会保険労務士事務所ではじめるキャリア ――Our People ――へ戻る