宮嶋社会保険労務士事務所ではじめるキャリア

Profile:島村 愛
業界未経験から入社しました。

ーー入社されたのは、いつのことですか?

島村 2019年6月に入社致しました。

ーー前職は、どういったお仕事をされていたのでしょうか。

島村 技術職として、建設工事発注のために必要となる設計書や図面等の作成、関係機関との調整及び契約後の工事における施工管理等を担当していました。

ーー当社に応募されたきっかけや、動機を教えてください。

島村 建設業に携わる中で、人手不足の解消や長時間労働の是正、女性の働きやすい職場環境つくりに興味を持ちました。
また、趣味の一環でファイナンシャルプランナーを取得する中で、社会保険制度や給与計算の知識をより深め、実務にも携わりたいと思うようになりました。
そこで、これらの業務に携わることのできる社労士事務所に興味を持ち、求人を探していたところ、応募記事にあった「正直、どんな業界の出身者でも育てる自身があります!」という宮嶋の言葉に惹かれ、応募しました。

ーー入社前に面接を通して、当社にどんなイメージや印象をもちましたか。

島村 採用面接時の社員交流会で、業務内容や1日の流れだけでなく、就業後の過ごし方や社労士の勉強法等、沢山のお話を伺うことで、自分自身が働くイメージをしっかりと描くことができました。交流会を通じ、風通しがよくアットホームな雰囲気を感じました。

ーー実際に入社されて、イメージや印象はどのように変化したか教えてください。

島村 入社前のイメージ通りでした。応募記事にあった宮嶋の言葉通り、業界業種未経験でもしっかりと社員を育てる風土が醸成されていると感じました。特に、私は繁忙期である6月に入社しましたが、入社初日からマンツーマンで、丁寧に業務を教えてもらうことができ、無理なく業務を覚えていくことができました。チームや年齢に関係なく、懸念事項は直ぐに共有したり、クロスチェックの体制を徹底するなど、確実にスキルや知識が身につく環境が整っていると感じています。

ーーこれから「こんなことやりたい」「こんなことを実現したい」といったことがあれば教えてください。

島村 まだ、入社して日が浅いため、まずは色々な業務に挑戦したいです。将来的には、社労士の資格を取得し、専門的知識を生かしながら、働きやすい職場環境つくりに関する業務にも取り組みたいです。

ーー仕事をしていくうえで、大切にしていることがあれば教えてもらえますか。

島村 正確かつ効率的に業務を進められるように意識しています。また、一つ一つの作業に関して、法令的にどのような根拠があるのかを意識し、担当業務の中から少しでも多くの学びを得ることも大切にしています。

ーー未来の仲間にひと言いただけますか。

島村 一緒に楽しくお仕事ができればと思います。

宮嶋社会保険労務士事務所ではじめるキャリア ――Our People ――へ戻る